次回、ロト6第1178回の抽選日は5月29日(月)です!

ロト6の当選確率を確認しよう!

ロト6の当選確率を掲載。ロト6の1等の当選確率から5等の当選確率まで確認できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロト6の最大当選金額は4億円です。

スポンサーリンク

ロト6の1等賞金は最大で4億円です。

サラリーマンの平均生涯年収が約2億円程度となっており、その倍の金額を一瞬で手にすることができるのがロト6の魅力です。 さて、それではロト6の当選確率はどの程度の数字なのでしょうか。あくまで確率上の数値ではありますが、ロト6の1等当選確率の理論値をチェックしてみましょう。 どの位の当選確率なのかを知っておくことで楽しみも増えるはずです。

ロト6の1等~5等までの当選確率と平均当選金額

等 級 当選確率 平均当選金額
1等 1/6096454 約1億円
2等 1/1016076 約1,500万円
3等 1/28224 50万円
4等 1/610 約9,500円
5等 1/39 (原則固定)1,000円

※当選確率は分母の小数点以下を切り捨てしています。
※平均当選金額は、理論値から算出した数字です。

実際にロト6の当選確率を理論値で見てみると、なかなか当たらないように感じますよね(笑)。ただ、現実はこの当選確率なのです。1億円以上の大金をたった200円で手にすることが出来るロト6は、ロト6を購入した人誰に対しても平等です。

1から43までの数字から、6つの数字を自分で選択する宝くじのロト6は、毎回1等当選者が出現するとは限りません。あくまで上記の当選確率は、理論値となっているため抽選により確定された当選番号が購入されていなかった場合は、1等は不在となり、次回へ賞金はキャリーオーバーされる仕組みです。

学歴も知識も何も必要がなく、ただ運のみで億単位のお金を手にすることができるので、この確率は仕方ないと割り切りましょう。ただ、確率上は約1/600万の当選確率となっていますが、1000万口購入しても当たらない場合もあるし、たった1口で当選することも起こり得ます。

200円という小額で億単位の夢を購入することができるので、毎週の楽しみとして、当たればラッキーというスタンスで臨むのが良いのではないでしょうか。実際、ロト6によって毎年何十人もの方が1億円以上を手にしていますからね!

スポンサーリンク